調理器具を選ぶことから始めるSDGs 「グリーンパン、乳化具合を目視しやすいフライパン」

ライター: うめこ

商品紹介

こんにちは

&(COOK)スタッフの「うめこ」です。

私のパスタ作りの相棒(片手には勿論ビール)をご紹介させていただきます。

毎日のように使うフライパンですが、グリーンパンを選ぶことにより、SDGsの13番目のゴールである「気候変動に具体的な対策を」につながると思います。マイ・エシカル・・・ 目の前の小さなことから意識して取り組んで行きたいと思います。

ウッドビーフライパン26cm

グリーンパンの自社工場は、製造工程で出た廃棄物の再利用化、環境に負荷がかからない排水処理プラントの整備、ソーラーパネルの設置など、環境保全対策を徹底的に行っています。

セラミックコーティングは加工を施す際、従来のノンスティック加工に比べ、約60% 二酸化炭素(CO2)排出量を削減しています

熱伝導が良いので 省エネ調理に繋がります。 私は汗かきですので 火加減が常に中以下をキープできるキッチン環境は快適です

快適なので、ビールがすすみます 笑。

今回は調理前からフライングです。

この使い心地は、実際に使用すると、きっと感動していただけます、熱伝導も良く、器物としての優秀さが本当におすすめです。

ハンドルデザインは、置いているだけで温もりと愛嬌があります。

大袈裟ですが、調理中のイメージは敢えて例えるなら 「パスタ1本1本が踊ってはしゃいでいる」 イメージです。 ツルッツルです。

私は、取り回しが良く扱いやすい26cmが好みです。具沢山パスタが好きなので、具材やソースが多くても扱いやすくお気に入りです。

乳化に大切なゆで汁ですが、パスタをゆでる際、トングで触りすぎたり、沸騰させすぎるとパスタ表面のデンプンが溶け出しすぎて、べちゃついてしまいます。 これではビールにあいません。 表示ゆで時間の2分前目途に茹でます。

季節の具材を炒めます

キノコのバター炒めと厚切りベーコン

にんにくを粗みじん切り、唐辛子を半分に割り種を取ります。

これだけで1杯いけますね。別皿に盛ります

特にわたしがおススメさせて頂きたい使い方は、ウッドビーの白を活かした 調理状況がよりはっきりと目視できる点です

オイル系パスタにおいて乳化は命。

これが一発で決まれば納得の一皿になります。

シャバシャバでも、粘り過ぎても駄目。

乳化させることでソースにとろみがついて、麺とソースがよく絡みます。

分離したドレッシングを、かける直前に振ると美味しくなりますよね、あれです。油っぽさがなくなり、口当たりがまろやかになるのがポイントです。

油の風味や香りと、ゆで汁に含まれる塩分が混ざり合うことで、深みが出ます。

つまり乳化させることで美味しいパスタになります

プロの方はエマルションと言いますね。

乳化 第一段階

オリーブオイルに粗みじん切りしたニンニクの香りをじっくり移します。

焦げやすいので弱火で。ゆで汁をオイルと同様入れます。

まだ、オイルとゆで汁が分離しています

第二段階

ゆすって空気をいれ、乳化させます

この80%くらいの段階で麺を投入

最終段階です

粘りと色が変わったのが目視出来ます

麺に絡まりやすく、口当たりがまろやかに仕上がります。

オリーブオイルの風味や香りと、ゆで汁に含まれる塩分が混ざり合うことで、

旨味たっぷりパスタに仕上がります。

マイエシカル、エコなフライパンを選択し使用することにより 環境改善に参加できていると思うと ビールがすすみませんか???

今回の具材

「カリカリベーコンと3種の茸の和風ペペロンチーノ」

【1人前】

■水 1L 、塩 10g
■パスタ 120g
■オリーブオイル 大さじ2 30CC
■ニンニク(包丁でつぶして 粗みじん) 1片
■唐辛子 (半分に切って種を除く)1本
■黒コショウ、塩、バター、醤油、めんつゆ  少々
■トッピング、パセリ、糸唐辛子 他、お好みで
■季節の具材 お好みで。今回はキノコ3種、厚切りベーコンです。

※2人前の場合は、倍の量を目安に、愛情をプラスしてください♥

ホワイトカラーのセラミックコーティングはお料理の出来具合が確認しやすく、お皿に盛りつけたイメージがしやすいのも、おすすめポイントです。

Writer Profile

うめこ

気づけばLEICA歴28年、BEER歴24年。 ビールに合う料理が大好き。ビールとの食べ合わせを考える毎日。 いつもおいしいビールを飲みたいです

関連記事

特集記事

TOP