「毎日の愛用品」が、きっと見つかる!
日本の伝統×デザインから生み出される
Homeland(ホームランド)

ライター: shiho.s

商品紹介

「毎日の愛用品」が、きっと見つかる!
日本の伝統×デザインから生み出される
Homeland(ホームランド)

すっかり寒さが増して来ましたね。このまま慌ただしい師走に突入しそうですが、ちょっと一息・・・今回は、わたしが最近出会った、素敵過ぎるブランド「Homeland(ホームランド)」についてご紹介させていただきます☺

【Homeland(ホームランド)】とは・・・
Homeland ホームランド(母国)と名付けられた、日本全国 各地の【ものづくり】×【デザイン】が融合された新ブランド。
「使い勝手の良い、長く愛用したいもの」を基軸とし、毎日使いの道具を取り揃えています。

初めてご紹介いただいた時から、とにかく素敵なコンセプト&デザインに魅了され「これ、買います!」・・・と何度も言ったのを憶えています。笑

それではここからは、わたしが惚れ込んだHomelandの商品の一部をご紹介させていただきます!

その① エプロン(ニット / ヘンプ)

日本の老舗ニットメーカー「小林メリヤス」×Homeland

できる限り環境に配慮し育てられたコットンとリネン、ラミーを使用し、編み上げられたニットエプロン。
ニット素材は、軽さと遮光性を兼ね備えながら身体の動きにしなやかにフィット。縦にも横にも伸縮するため、身体への負担も少ないのが特長。環境にも人にも優しいエプロンなんです。

実際に触れてみると、本当に柔らかで優しい着心地。そして何よりもこの色使い・・・はぁぁ。。。可愛いぃ。。。(感嘆✨)

「ヘンプ(大麻布織り+染め+洗い)」×Homeland

現代ではなかなか見かけなくなったヘンプを用いて平織りの布を織り、染めを施し、晒し(洗い)の技術を用いて布を柔らかく洗い上げ・・・美しく使い勝手の良い布から作られたエプロン。栽培に農薬を使わず、土壌を守りながら成長するヘンプを用いた布作りは、サステナブル&日本古来の伝統の象徴とも言える存在なのだとか。

こちらはニットに比べてパリッとサラッとした質感。わたしのお気に入りは、足元2カ所にスリットが入っていて、足さばきがスムーズな「ワイド幅」モデル!

ポケットの横に「キッチンクロスフープ」が付いているのも好きポイント♡
お料理やお掃除中に、手に付いた水分をサッと拭き取ることが出来るのって、とっても便利!そしてこちらも、色使いといい、形状といい・・・とにかく素敵過ぎるぅぅぅ・・・(感嘆✨)

その② 食器(信楽焼)

世界の一流シェフたちが認める「菱三陶園」×Homeland

モダンなのにクラッシック。洋風・和風の料理~中華やイタリアンまで、さまざまな顔立ちの料理が食卓に並んで欲しい・・・という想いから作られた、スタンダードな丸皿やオーバル皿。特にオーバル皿は、お皿の上で料理が映えるフォルムにこだわって作られたそうです!

窯の中での焼成される際、火のあたり具合や温度によって、1つ1つ焼き上がりの表情が違うのも魅力。まさに一期一会の出会い・・・(これも好きポイント♡)

初めて見た時から「和食にも合うだろうなぁ」・・・

「洋食にも合うだろうなぁ」・・・と思って盛り付けてみたところ、やっぱり、どんなお料理とも相性抜群◎

デザイン(風合い)は全3種類。是非、一期一会の出会いを楽しんでくださいね~♬

その③ 土鍋(信楽焼)

信楽焼の窯元「松庄」×Homeland

信楽焼の堆肥物が多く含んだ陶土を使って、やさしく暖かみのある表情に焼き上げられた「土鍋」。伝統的なスカーレット色=緋色(画像 左側)は、鍋にはあまり見られない珍しい色。通常の鍋に比べて3倍以上の遠赤外線効果を発揮すると言われている炊飯土鍋は、じっくり芯から加熱するのでふっくらとしたご飯が炊けるそうです🍚✨

・・・というわけで、早速ですが、炊飯土鍋をお試しさせていただくことに!
テーマは『Homeland 炊飯土鍋×秋の味覚』に決定しました~🍠🍄

Homeland 米炊き釜で作る
「さつまいもとしめじの炊き込みご飯」

【材料】※使用したのは 米炊き釜(1~2合サイズ)
●米:1合 ●さつまいも:150g ●しめじ:1/2株
(A)●白だし:大さじ2 ●めんつゆ(2倍濃縮):大さじ2 ●水:140ml
⇒ 水分は合計で200mlになります!

【作り方】
❶米は洗い、30分~1時間(冬場)ほど浸水させておく。さつまいもは7mm幅くらいの輪切りにして、水に浸けておきます(あく抜き)。その後、両食材共に、水切りしておきます。

❷土鍋に米を入れ、全て混ぜ合わせた(A)を入れます。その上にさつまいも・しめじをのせます。

❸中火で約10分~15分ほど、中の水分が沸騰するまで加熱します。その後、弱火で10分ほど炊き上げた後、10分ほど余熱で蒸らしたら完成です!

「おこげ」も美味しく出来上がりました・・・🍚

米炊き釜で作った炊き込みご飯は、具材も含めてふっくら&ホクホクに仕上りました~!出来上がった後は、是非そのまま食卓へ♬土鍋の優れた保温力で、美味しい温度をキープしてくれますよ🤤

土鍋+オーバル皿+飯椀・・・全てHomelandコーディネート!
どれを組み合わせても相性抜群◎
なんだか、お料理の美味しさ&満足感がグッと引き上がった感じがします♬

ご自宅での毎日使いにはもちろんおすすめですが、お料理好きな方へのセンスの良いギフトにも喜ばれそうだなぁ・・・と、何人かの顔を思い浮かべました🎁✨

使い心地の良い素敵な道具との出会いと併せて、日本のものづくりの素晴らしさを知ることができるHomeland(ホームランド)。私自身 実際に、やっぱり日本っていいなぁ・・・料理っていいなぁ・・・と再認識しました!

皆さんはどのアイテムが気になりましたか?
このマガジンから、Homelandとの出会い・日本の素晴らしさ・料理の楽しさが、輪になって拡がったら嬉しいです♬

Writer Profile

shiho.s

デザイン大好き。モノづくりに興味深々。子どもの頃から料理も大好きで、Y.YACHT プライベートブランド「365methods」の担当や、国内メーカーさんと一緒に、毎日の暮らしが楽しく・美味しくなる商品の開発をしています。

関連記事

特集記事

TOP